大塚 雄介のyaboo. me | osica MAGAZINE|あなたの明日を刺激するソーシャルマガジン
  • 読者とメンターの本質を探る「参加型インタビューマガジン」
YABOO ME!

大塚 雄介

yaboo me!

ストーリーで人の心を動かす

name
大塚 雄介
birth
1980年
career
STORYS.JP CMO(マーケティグ責任者)
about
story.jp
Facebook
twitter
大塚 雄介のyaboo[野望].me

-なぜこの野望を抱いたのですか?

私は幼い頃から伝記や歴史マンガ、ドキュメンタリーに魅了されていました。物理学者や天文学者、アーティストやロックミュージシャンの小説や映画を貪るように見て、彼らの表に出ない努力に憧れていました。
そんな影響が大きく、いつしか自分も歴史に名を残すような人物になりたい、そのために世界を変えられるような新しい価値観を世の中に出していきたいとも思うようになりました。
時が経ち、STORYS.JPの原型コンセプトをソーシャルリクルーティングのWANTEDLYで見かけます。そのときの衝撃がやばかったんです。
自分の中でも、昔から大きな疑問がありました。著名な人も著名になる前は普通の人だったはず。普通の人の中にも、素晴らしいストーリーが眠っているのではないか?と。この疑問は当初もやっとした霧の中でしたが、彼らとの出会いが一気に霧を晴らし、私をかき立てていくんです。「世界を変える仲間」へすぐにエントリーし、私のストーリーに対する情熱を伝えました。そこから全てが始まりました。

-野望実現の第一歩として、どんなことを?

自分の情熱を伝えることです。
STORYS.JPへ応募した際も、WANTEDLYの募集フォームに投稿しただけでなく、STORY.JPの募集ページにも直接連絡をしました。
定型のフォーマットを通じてでなく自分をもっと理解してもらたいという思いからです。のちにCEOのジェームスから聞いた話では、どちらからも連絡がきたのは私一人だけだったそうです。
周囲の友人・初めてお会いする人、STORYS.JPを利用して頂ける人、全ての人にあらゆる手段を使って私は自分の気持ちを包み隠さず伝えるようにしています。情熱は人を巻込み大きな渦を創りだすのです。

-一歩を踏み出したとき、大変だったことは?

情熱だけでは何も動き出さない。これも事実です。
チームに参加した当初、私は具体的な貢献を出来ずにいました。 STORYS.JPは、4人チームでしたが、4人それぞれが異なる分野のエキスパートでした。CEOは、元JPモルガン出身のプロダクトマネジャで、アカウンティング&マーケティグ&デザイン、チームマネジメント全てを行えます。CIOは複数のハッカソンで優勝する凄腕で、バックエンド&フロントエンド全てカバーしつつ、ユーザーの気持ちも理解しています。もう一人のエンジニアもJPモルガン出身でビジネスがわかるエンジニアです。
当初、具体的な貢献を出来ずにいましたが、焦りはありませんでした。焦ることなく心を落ち着かせ本質的な課題を設定し1つ1つ解決すれば偉大なことを成し遂げられる。 これは、伝記や自伝、さらには、私の過去の経験から、教えてくれたことです。この教えに習い心を落ち着かせチームで今後必要なことをチームで話し合いました。その結果、マーケティグを私が担うことになりました。

大塚 雄介さんのインタビュー

-今、あなたの野望はどのように育っていますか?

STORYS.JPは、私自身が驚くほど大きく育っています。STORYS.JPのユーザーは急増を続け、それ以上に多くのストーリーが人を動かすのを目のあたりにしています。例えば、先日話題になった、こちらのストーリーは、 学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話 約3日で220,000PV、7,286いいね、1,179ツイート、911はてブされました。 3日の間で、出版社3社より連絡が来まして、本になることが確定しております。 最もすごいのが、多くの人々がこのストーリーを読んで、「がんばろうと思った!」「素直さは大切!」とポジティブな反応をしてくれたことです!まさに、私が実現したい世界は、このポジティブな渦だと身震いしました。ストーリーには人を動かす力が本当にある!
※当日のことを著者がこちらにまとめています。
もの凄い勢いでストーリーが伝播していっているのを感じます。ストーリーを読んだ人の心が動き、ソーシャルメディアで友達に伝え、その友達も心が動き伝播していく。その結果、多くの企業やメディア様からもコラボレーションのご相談をいただけています。また、GraphHackシードというピッチ大会では最優秀賞も頂くことができました。フジテレビ「キイタハナシ」ともコラボレーションし、面白いストーリーがTVで取り上げられる機会も提供し始めました。

大塚 雄介さんのインタビュー

-今の課題はどんなことですか?

課題としては、スピード感でしょうか。もっともっと加速していきたい。それが解決できれば、ストーリーから始まる大きなポジティブな渦が巻き起こせると思います。

-この野望が実現すると、どんなことが起きますか?

著名人や有名人ではなくても、自分の人生のストーリーを語ることで可能性の広がる世界が実現します。自分自身の人生のストーリーを語ることで共鳴してくれる仲間を見つけ出せ、その仲間と自分の可能性を広げることができるでしょう。
事実、リクルートの執行役員の須藤さんはSTORYS.JPを書かれて「とてもいい職場ですね。一緒に働きたいです。」という学生に出会ったとおっしゃられていました。ストーリーの持つ力はポジティブな気持ちを伝播させるのです。
※須藤さんにお聞きした話はこちらです。

-野望実現へのイメージ

30代~40代:
STORYS.JPから人々の価値観を揺るがすようなムーブメントを創り出したいですね。 そのためには、STORYS.JPを収益性もあるサービスに育てたいです。収益がでることでサービスを継続的に続けることができ、自分たちの目指す世界を実現できます。

40代~50代:
個人的には新資本主義を創りたいと思っています。資本主義社会では、個人は自分が満足するためにお金を使います。自分の満足の8,9割は物欲などのです。しかし、文化が成熟すると人の満足は「ヒトのため」「地球のため」など、自分以外のためにお金を使うことで、周囲から認められる世界ができます。日本は今、この価値観の世界に差し掛かりつつあると思います。つまり、「CSR意識の高い企業の商品だからこの商品を買う」であったり、「このヒトの活動を応援したいからこの商品を買う」など、よりヒトや自分以外のためにお金を使う世界になると思います。今もありますが、よりその比率が大きくなる。そんな新しい価値観に基づく消費活動を作れる社会を作り出しです。

-尊敬している人

リチャード・ファインマン(物理学者:ノーベル物理賞受賞) 
常識を疑い、自分の創造性を信じ、信念を貫く人を尊敬します。
無名の数学者・物理学者・宇宙科学者
著名ではなくても、自分の一生をある一つの事に捧げた人は尊敬します。

page topへ

  • 前へ
  • 次へ
  • 小林 肇野望インタビュー
  • 大塚 雄介野望インタビュー
  • 野口 卓也野望インタビュー
  • 村上 浩輝野望インタビュー
  • 藤田 真悟(334)野望インタビュー
  • 東 秀暢(334)野望インタビュー
  • 森 健太郎野望インタビュー
  • 飯塚 惠美子野望インタビュー
  • 森 健志郎野望インタビュー
  • 岩元 真樹野望インタビュー
  • 秋山 怜史野望インタビュー
  • 佐藤 雅美野望インタビュー
  • トリワイ チョンチャナ野望インタビュー
  • 加須屋 剛野望インタビュー
  • 﨑村 友絵野望インタビュー
  • 板橋 力野望インタビュー
  • 乾 英里香野望インタビュー
  • 中島 晃野望インタビュー
  • 佐藤 昌喜野望インタビュー
  • 小林 珠江野望インタビュー
  • 朝日 恵里野望インタビュー
  • 鈴木 匠野望インタビュー
  • 坂爪 圭吾野望インタビュー
  • 高松 明子野望インタビュー
  • 片山 知子野望インタビュー
  • 元木 亜耶野望インタビュー
  •  小田 佑里乃野望インタビュー
  • 吉田 雅之野望インタビュー
  • 岡村 一志野望インタビュー
  • 上原 惇野望インタビュー
  • 村上 雄一野望インタビュー
  • 小林 達也野望インタビュー
  • 櫻田 博嵩野望インタビュー
  • 山内 真理子野望インタビュー
  • 鎌田 慎也野望インタビュー
  • 白井 匠野望インタビュー
  • 木下 由有野望インタビュー
  • 丸山 慎也 野望インタビュー
  • 田代 綾子野望インタビュー
  • 田中 彩子野望インタビュー
  • 石川 大輔野望インタビュー
  • 山口 綾野望インタビュー
  • James Simpson野望インタビュー
  • 鈴木 純子野望インタビュー
  • 上月 大輔野望インタビュー
  • 田淵 寛子野望インタビュー
  • 杉本 雅明野望インタビュー
  • 小島 平兵衛野望インタビュー
  • 菊池 恵理野望インタビュー
  • 河野 剛進野望インタビュー
  • 石川 恵司野望インタビュー
  • 宮澤 瞳野望インタビュー
  • 岡 徳之野望インタビュー
  • 松下 勇作野望インタビュー
  • 横溝 絵麻野望インタビュー
  • 高田 崇平野望インタビュー
  • 下嶋 仍章野望インタビュー
  • 伊藤 敦則野望インタビュー
  • 乾 慎一郎野望インタビュー
  • 福田 健司野望インタビュー
  • 安藤 博野望インタビュー
  • 清水 勇壱野望インタビュー
  • 李 栄徹野望インタビュー
  • 沖村 明野望インタビュー
  • 中澤 桃子野望インタビュー
  • 坂本 元貴野望インタビュー
  • Pineda Sakura野望インタビュー
  • 成川 直宏野望インタビュー
  • 山上 太一野望インタビュー
  • 山本 英知野望インタビュー
  • 太田 純平野望インタビュー
  • 稲垣 則良野望インタビュー
  • John Hirovolta野望インタビュー
  • 千葉 史郎野望インタビュー
  • 中村 奈都美野望インタビュー
  • 山田 雅史野望インタビュー
  • 荒木 泰博野望インタビュー
  • 大道寺 重信野望インタビュー
  • 山本 聖子野望インタビュー
  • 松野 好晃野望インタビュー